名刺

失敗しない初めての名刺作成

昨今はパソコンやプリンターを自宅に所有している人が多く、自分でオリジナル名刺を作成する方もいるようです。名刺は渡す相手に対しての自己紹介の役割を持っていますので、ここでどのような印象を相手に与えるかにより、今後のビジネスに大きく影響を与えます。名刺は相手に自分を知ってもらうツールになるため、わかりやすくなければ意味がありません。
無駄にデザインに凝り過ぎてしまっている名刺は、ゴチャゴチャしてしてしまっていて、後で見返したときに何だかよくわからないと思われてしまうこともあります。アーティストやデザイナーならそれも良いでしょうが、一般のビジネスシーンにおいて派手な名刺はあまり歓迎されるものではないでしょう。会社員なら一般的に一括で作成しているため問題はないのですが、独立して初めて名刺作成に重視するポイントはシンプルさとわかりやすさです。
具体的にシンプルとは名刺全体に細かい文字をびっしり入れないということです。 表裏に肩書を書きすぎて真っ黒になっている名刺をよく目にしますが、相手に必要のない情報がほとんどです。酷いケースになると町内会での役職まで入れてしまう人がいますが、誰も興味はありません。
わかりやすく見せるポイントは文字の大きさです。氏名と会社名(事業名)を大きくすることで相手に何をしている誰だと理解してもらいやすくなります。住所や電話番号まで同じ大きさの名刺は伝わりにくいものです。

失敗しない初めての名刺作成

昨今はパソコンやプリンターを自宅に所有している人が多く、自分でオリジナル名刺を作成する方もいるようです。名刺は渡す相手に対しての自己紹介の役割を持っていますので、ここでどのような印象を相手に与えるかにより、今後のビジネスに大きく影響を与えます。名刺は相手に自分を知ってもらうツールになるため、わかりやすくなければ意味がありません。無駄にデザインに凝り過ぎてしまっている名刺は、ゴチャゴチャしてしてしまっていて、後で見返したときに何だかよくわからな…

Readmore