名刺

スケルトン名刺作成時の注意点

毎日名刺交換を続けるうちに、手元には沢山の名刺が集まります。名刺整理をしながら、この人は誰だっただろう?と相手の顔を思い出せないことがありませんか?実は10人中6人までもが、名刺を見ても相手の顔を思い浮かべることが出来ないという調査結果があるのです。名刺は、自分の顔を相手に覚えてもらう為に渡すのに、この結果はがっかりさせられます。自分の顔を覚えてもらう為にも、インパクトのある名刺を渡すなどの工夫が必要です。
最近では、ネットで名刺作成が容易になり、スケルトン名刺を利用する人も増えてきました。スケルトン名刺とはその名の通り、透明な名刺で、和紙やクリアファイルなどを材質に利用しています。珍しいし、独特の雰囲気を持っているので、貰った人の印象にもきっと残る筈です。
相手に強い印象を与えられるスケルトン印刷ですが、作成に当たって幾つか注意点があります。まず第一に、透明なので両面印刷がしづらいという点です。裏面には会社周辺の地図を記載することが多いですが、透明である為難しいです。裏面に印刷する場合は、表面の記載の邪魔にならないようなデザインにする必要があります。
実際の質感の確認を事前に行うことも重要です。事前確認しないと、イメージしていたものと手触りが違うなど納得いく仕上がりにならないことがあります。サイトによっては使用する材質のサンプルを取り寄せることが出来るので、確認しておきましょう。

失敗しない初めての名刺作成

昨今はパソコンやプリンターを自宅に所有している人が多く、自分でオリジナル名刺を作成する方もいるようです。名刺は渡す相手に対しての自己紹介の役割を持っていますので、ここでどのような印象を相手に与えるかにより、今後のビジネスに大きく影響を与えます。名刺は相手に自分を知ってもらうツールになるため、わかりやすくなければ意味がありません。無駄にデザインに凝り過ぎてしまっている名刺は、ゴチャゴチャしてしてしまっていて、後で見返したときに何だかよくわからな…

Readmore